第17回 2017/09/22放送

第17回生放送は、2017年9月22日の金曜日夜8時からお送りしました。
FRESH!版:https://freshlive.tv/otoyastation/154050
YouTubeミラー版:https://www.youtube.com/watch?v=Vq9zFcMTBR0

まず、こちらの不手際で、冒頭4分程…ちょうどオープニングから1曲目が始まる辺りまで、音声無しで流れてしまいましたことをお詫びします。
コメントで何人もの方から指摘いただくまで、中の人は音声モニターと現場の音の具合に気付けず、いつもとちょっと雰囲気の違うオープニングが、画だけで流れてしまいました。


まず、レギュラーの宮崎もえさんが、東北復興ボランティアに参加する予定だったのでお休み、その席にはAQuA☆MaRiNeさんに入ってもらいましたが、真ん中には…わんちさんもいない!?
今回は若干変則構成になり、わんちさんに1組目として2曲披露いただくことになったので、2組目にご出演いただく”エリマキドラゴン”の向井さんに、オープニングのMC席に座っていただき、伊藤さんにはitaru君の隣に入っていただきました。
転んでもただでは起きないのが「音やステーション」です(^^;。


1組目は、17回の番組に唯一皆勤のわんちさん。
「カレーライスブルース」には、構成・演出担当ですがパーカッション奏者でもある、橘びゅうさんに、当日のリハでお願いして入ってもらって、明るくスタート。
そして、以前にエンディングで披露いただいた「昭和サイレントナイト(五条楽園)」を、改めて唄っていただきました。近年まで実際に存在した”大人の遊園地”での悲哀を、これも明るく唄っていただきました。


2組目は”エリマキドラゴン”。二人でのユニット活動を始めて間もないそうですが、大人な雰囲気で2曲、「新しい扉」「それぞれの朝」を唄っていただきました。
ギターボーカルの向井さんは、お客様として番組を何度も客席でご覧いただいていますが、音やさんのセッションデー等で、素敵な歌声を披露されていて、今回はユニットでご出演いただきました。

itaruカメラコーナー(もう「ライブ情報コーナー」と誰も呼んでません(苦笑))では…伊藤さんの”どやさ”ポーズにみんな引っ張られてました(笑)。ほぼぶっつけ本番です(苦笑)。


3組目は、松田くばくさん。
短くて歌詞にインパクトのある曲を、2曲目以降はメドレーでお願いしました。途中で、ボーカルの声色を変えるエフェクトや、ギターのフレーズをサンプリングしてループ再生させたりと、一人でアンサンブルに変化をつける仕掛けをいくつも入れたかと思うと、短いながらも強いメッセージを持つ曲もあったりと、盛り沢山なパフォーマンスでした。
盛り沢山過ぎて、インタビューの時間が短くなってしまってすみませんでした。参加されているバンドでのアルバムは出ていますが、ソロアルバムの制作も進めていらっしゃるそうです。


エンディングは、AQuA☆MaRiNeさんとitaru君で「カントリー・ロード」。今回はオケ再生なしで、二人でやるのは初めてという曲でしたが、二人の持ち味が出たパフォーマンスでした。

セッティングや音出しがちょっと時間ギリギリまでかかったり、序盤で技術トラブルはありましたが、たまたま遊びに来られた、松尾雅蕉さんにも助っ人で座っていただいたりと、皆様に盛り上げていただいたおかげで、今回も無事1時間の生放送を送り出せました。
ネット越しにご覧いただいた皆様は、お楽しみいただけましたでしょうか。

次回生放送は、10月27日、第4金曜の夜8時からの予定です。

第16回 2017/08/25放送

https://freshlive.tv/otoyastation/145041

第16回は、2017年8月25日の夜8時からお送りしました。

1組目は、澁澤メルモさん。
音やさんには結構何度も出演されてたそうですが、音やステーションには初めて登場いただきました。
澁澤メルモ
コンサーティーナという、小型のアコーディオンと一緒に奏でる、不思議な感じの世界に引き込まれました。
メルモさんというお名前は、ご本名っていうのにびっくりした、トークの時間。

2組目は、3度目の挑戦、スカターンさん。
スカターン
当日になって歌う曲を変えたいと言う申し出もあったりして、制作側もちょっと慌てましたが(笑)、
パーカッションに我らがMCわんちさんを従えて、独特の熱い曲を歌っていただきました。

音やスケジュール紹介(別名・itaruカメラ)の後ろでの寸劇は、
先月欠席して写真だけの参加だったAQuAちゃんが今月も静止画で!?
itaruカメラ

3組目は、石本孝二さん。
石本孝二
1曲で終わっていい?って仰った方は初めてでした(笑)。2曲やっていただいて、
9月15日~17日に京都市内最大18箇所で同時開催のライブサーキット
OKASONIC 2017のお話を詳しく伺いました。
詳細はこちらからどうぞ。(音やさんは参加店ではありません)
http://oka-sonic.com/

エンディングのレギュラー陣からの1曲は、久しぶりにわんちさんに歌っていただ…


その前に、放送日の前日に還暦を迎えられたということで、
ナイショでケーキを用意して(構成・演出の橘びゅう氏の自腹で)、
スカターンさんに運んでいただきました(笑)。

次の生放送は、9月22日(金)の夜8時からです。
FRESH!でログインしてご覧いただけると、生放送中だけコメントが残せますので、
沢山ご参加くださいますように。

第15回 2017/07/28放送

https://freshlive.tv/otoyastation/135032

https://www.youtube.com/watch?v=lyeO233yl4o

第15回は、2017年7月28日の夜8時からお送りしました。

どちらかと言うと、男性ソロの出演者が多い傾向の中、
今まで、女性ボーカルの男女ユニット+女性ソロだけっていう回はありましたが、
今回はゲスト出演者が全て女性という回になりました。

Cœur de la France
1組目は、フレンチポップスを聴かせるデュオ・Cœur de la Franceさん。
祇園pick upさんでも出演されていて、
2016年に行われた女性バンドのコンテスト”美BAND女コンテスト”にも出演されました。
息の合ったピアノとボーカルで、今までの音やステーションにはなかった世界が広がりました。

シグマ
2組目は、サイバーパンク演歌歌手Σさん。
”演歌”な楽曲・アレンジのオリジナル曲をギター1本で歌っていただきました。
”サイバーパンク演歌”というオリジナルなスタイルだと、後で語ってらっしゃいましたが、
ご自身のライブでは、一人芝居やポールダンスもされるという、熱い熱い方でした。

itaru君による音やライブ紹介コーナー(通称”itaruカメラ”)では、
その場のお願いで、
itaru君を横で誘惑するというシチュエーションも
引き受けていただきました(笑)。

尾辻優衣子
3組目は、二胡奏者の尾辻優衣子さん。
レギュラー陣のAQuA☆MaRiNeさんが別のイベントスケジュールの都合で休演ということで、
4人目のMCの役も兼ねて出演していただきました。
”女子十二楽坊”を見てカルチャースクールで習い始めたそうで、
ポップな楽曲を踊りながら演奏するスタイルは、華やかな時間でした。

尾辻優衣子×itaru
そのまま続けて、レギュラーMCのitaru君の津軽三味線での「賽馬」も。
途中で二胡と津軽三味線それぞれの音色での”馬の走る音”の表現も入れながら、
多彩なパフォーマンスを見せていただきました。


制作システムをフルHDにして2回目、8時からFRESH!での生放送にして2回目。
オペレーション的には、エンディングでMC陣マイク+テーマ曲を入れるミキサーが
音やPA側で下ったまま(^^;エンディングにいっちゃいまして、
エア録りしているマイクでわずかに入っていた(汗)ということもありましたが、
精度は上がってきて…いるはずです。

恒例の”中の人の裏話”SIDE-Bはこちらから。
https://freshlive.tv/otoyastation/144869

次回の生放送は、8月第4金曜日の25日(金)夜8時からの予定です。
次回も沢山ご覧下さいますように。

第14回 2017/06/23放送

https://freshlive.tv/otoyastation/124209

https://www.youtube.com/watch?v=Lg5XJ2whUvs
第14回は、6月23日の夜8時から…定時に戻りました(苦笑)。

この回から、8時からFRESH!での生放送とすることになりました。
FRESH!の方は、音やステーションのトップページを一度覚えていただけると、
その時の最新回がそこで見られるようになっています。
https://freshlive.tv/otoyastation/
生放送中は気軽にコメントもしていただけますので、
出演者への声援や質問など送って下さいね。
8時の生放送の後、録画ファイルを9時過ぎからYouTube Liveで擬似生放送という形で、
2つの動画サイトでアーカイブを残すことになりました。

今回の出演は、1組目が祥-sho-さん

シャープでいい音色のギターで、バンド出身らしいカッチリしたリズムを聞かせながら、
オリジナル曲を2曲聞かせていただきました。

2組目が林 努さん

ずっと三線を弾きながら歌われる活動をされてきて、
少し前からギターでのソロ弾き語りもされるようになったそうで、
今回はギターでオリジナルを2曲聞かせていただきました。
短い曲名ながらも言葉が聞く人に刺さる曲でした。

その一方で、構成・演出の橘びゅう氏の無茶振りに応じて、
オープニングで今回は欠席だったレギュラーのitaru君の立ち位置に立って下さったり(笑)。

そう言えば、今回の番組レギュラー陣のライブスケジュール紹介は、
全部千本中立売の天Qさんでの公演だったり、
itaru君はこの日天Qさんに出ていたり。
ウチは貢献しているんだかどうなんだか(笑)。

PRコーナーをはさんでの3組目は、勇者DNI(ゆうしゃダナイ)さん

ギターを弾く方から入って、徐々にオリジナル曲を作って歌うようになった彼は、
中の人・文字が、2014年に初めて音楽ライブイベントをネット生中継した時の”主役”でした。
自宅からSHOWROOMを使った一人ネット配信を毎週されていますが、
それでも「音やステーション」のシステムには緊張したと、後で聞きましたが、
オチないMCと真摯な姿勢の歌は、いい意味でいつも通りに伝わったのではと思いました。
SHOWROOM配信のご贔屓さんも1時間ずっと見て沢山コメントをしていただいて、ありがとうございました。

ちょっと時間の読みを間違えて(苦笑)、エンディング曲の後ほとんど時間がなくなっちゃいましたが。
中の人は、AQuAさんの曲でオケを流した後、エンドテーマを時間逆算して途中から流すのに失敗して、
もっとアタフタしていました(苦笑)。
というのも、今回からフルHDでの制作環境に一新したのですが、
その細かいところの詰めが足りなかった…次回の改善事項です。

もう少し細かいウラ話は、SIDE-Bで。

https://www.youtube.com/watch?v=u3oae25fJao

第13回 2017/05/26放送


第13回は、5月26日金曜日の夜8時…から30分押して始まりました。

中の人が、いくつかの機材を車に乗せ忘れました…
出演者・スタッフの皆さま、8時前からYouTubeにアクセスしていただいていた皆さま、申し訳ありません。
ただ、8時を過ぎてから音やさんにお越しいただいたお客様もいらっしゃって、その方には全部ご覧いただけたようで…


1組目は、ソロで2回目、ユニット出演も入れると3回目の出演、@かつドンさん。
前回までのように驚かされる仕掛け…はほとんど無かったですが、曲の方では「ルパン三世」と「情熱大陸」を連結するメドレーアレンジを施したり、インストのオリジナル曲もテンション高く披露していただいたりしました。
出番が終わった後は、うちの配信機材操作をずっと見ていらして、どうもこういうのがお好きなのかな?


2組目は、前回病欠された以外はずっとMCで出てくれている、宮崎もえさん。
介護を学ぶ学生さんで、音やステーションが始まって少ししてからは実習期間だったため、ステージ活動をセーブされてたそうですが、この春から晴れて再開。
前回エンディングで歌っていただく予定だったのですが、そんなわけでスライド登板…だけでなく、今回は本編で2曲、レギュラーのitaruさんの三味線と、演出・タイムキープ担当で、もえさんのライブサポートも長い橘びゅうさんと一緒に、歌ってもらいました。
ほんわかしたキャラクターとは裏腹の、鋭利な歌声・歌詞のギャップの大きさに、今回も中の人はうなりました。

音やのお薦めライブスケジュール紹介…ショートコントコーナーになりつつもありますが(笑)、それをはさんでの3組目。

岡山を拠点に、”365日連チャンライブツアー”を成功させるなど、長年にわたって精力的に活動されている、
シンガーソングライター・きよふみさんが、今年再開したツアーで島根ライブと滋賀ライブの間の移動日?に予定が合致して、登場となりました。
音楽家としての実情を赤裸々に挟みながら、熱い曲「月灯り」とぐっと抑えたスロー曲「Seasons」の2曲を、音質・プレイも圧倒的なクオリティで披露していただきました。
こちらの打合せ不足でテロップの曲順が逆になり、1曲目でも「Seasons」と表記してしまいましたが、1曲目は「月灯り」でした。お詫びして訂正致します。
終わった後も、わんちさんや音やママらと遅くまで談義が続いていました。

エンディングは、わんちさんの「秘密のホクロの唄」で楽しく盛り上がり、
いつもより30分遅くなりましたが、無事に生放送を終了できました。

そして、今回からは、ユーザー増加中の生放送中心の動画配信サイト・FRESH!でも配信を実施しました。
今回は、YouTube Liveで配信した時のMP4録画ファイルを配信ソフトから送り出す形での時差配信として、夜10時からお送りしました。
配信終了時点での視聴数は240カウントをいただきました。「音やステーション」チャンネル公開から1週間足らずで、PRは正直足りなかったのですが、
FRESH!のトップページで”生放送中の番組”として紹介されているのを、通りがかって見に来ていただいた方が結構いらっしゃったお蔭と思います。ありがとうございました。
PCからはそのまま、スマホでは無料視聴アプリのダウンロードが必要ですが、SNSアカウントなどでログインして、チャンネルのフォロー操作をしていただくと、次回からは放送が始まるとスマホに通知が出たりしますので、簡単に見に来ていただけるようになります。
ぜひ、音やステーションチャンネルをフォローしていただいて、コメントもしながら見ていただければと思います。
https://freshlive.tv/otoyastation
沢山来ていただける様になれば、FRESH!の方で8時からの生放送をしていくことも計画しています。

その他のウラ話は、また「SIDE-B」で突っ込みながらお届けします。

第12回 2017/04/28放送


第12回は、いつも通り第4金曜に戻って4月28日の夜8時からお送りしました。
満1周年を迎えることが出来ました。

今回のご出演はこちらの3組。

ジプシールンバを奏でる、コモエスタヌキさん。
出演に当たって、番組のバックナンバーを全部見ていただいて、
ステージ中のMCで喋る内容を何度も練習して、熱く訴えていらっしゃいました。
大きな声量だけでなく、その熱さが番組冒頭から伝わったパフォーマンスでした。


2組目はジゴロ酒井さん。
1組目とは打って変わって、オリジナルのバラードを2曲聞かせていただきました。


3組目は、2回目の出演・スカターンさん。
前回の出来が不本意だった!ということで再挑戦、だそうですが、
歌の力強さは、前回以上の迫力でした。
ただ、折角カズーを用意してこられたのに使うのを忘れはったそうですが(笑)。

前々回は構成・演出のびゅう氏とレギュラーMCのitaru氏が不在というアクシデントがありましたが、
今回はなんと、ずっとMCで来てくれてた宮崎もえちゃんが、体調不良で急遽欠席となりまして、
AQuA☆MaRiNeさんにもえちゃんのパートを全部受け持ってもらったり、
音やライブ情報・別名”itaruカメラ”のコーナーではこんな寸劇も…

タモリ氏に扮したキャラクターだそうで、「次のライブに行ってくれるかな?」
…実にシュールな締めでした(笑)。

ということで、色んなことがありましたが、無事生放送を終えられました。
ウラ話”SIDE-B”はこちらから。
なんと収録日に偶然オープンマイクにいらした、スカタ〜ンさんも入っての振り返り(笑)

次回の生放送は、2017年5月26日金曜日、夜8時からです。

第11回 2017/03/31放送


第11回は、イレギュラーな日程になりましたが、2017/3/31の金曜夜8時から、こちらの3組+MC陣からの1曲でお送りしました。


1組目は、1月にaqUstakで出てくれた@かつドンさん。
1曲目は…ものまねっぽいパフォーマンスできたか(苦笑)。
2曲目は、ピアノとカホンでがっつりの「情熱大陸」と、
今までになかったタイプのステージになりました。


2組目は、ギター弾き語りのきのしたあきらさん。
京都にまつわる曲をたくさんやっていただいたので、
インタビュー時間がほぼ無くなってしまいました(^^;。


3組目は、7月にも出ていただきました、
音やでは奇数月のブルースセッションのホストも務めていただいてます、松尾雅蕉さん。
出演の女性をフォローしながら「○○はいい女~」って出てきたので、
カメラは慌ててフォローする羽目になりました(苦笑)。
緊張されてたそうですが、ベテランらしいステージになったと思います。


エンディングのMC陣からの1曲は、
東日本大震災への鎮魂で作られた「花は咲く」
音やママの呼びかけで、この日の出演者全員で歌いました。
ここだけ見たら、紅白歌合戦とか「あなたのメロディー」みたいな
NHKの番組っぽいですが(笑)。


個々の出演者の音出しの前に、
誰がどこを歌うとかのリハーサル。
30分ぐらいかけてやってました。
その間、MP3オケを
リピートで流しっぱなし(笑)。


演出の橘びゅう氏のアイデアで、
中の人も一瞬だけ
サビのコーラスで参加(笑)。

この回のウラ話を深夜番組的に語る”SIDE-B”はこちらから!

という感じで、1回総集編をはさんでの11回、丸1年続けることが出来ました。
出ていただいた皆様、ご覧いただいてる皆様、MC&スタッフの皆様、
本当にありがとうございます。

次回の生放送は、4月28日(金)。大型連休直前の金曜夜にお目にかかります。

第10回 2017/02/24放送


放送が終わってから、中の人がバタバタして遅くなってしまいました。
第10回は、2017/2/24の金曜夜八時から、こちらの3組+MC陣からの1曲でお送りしました。


1組目は、アラーキさん。
音やステーションでは珍しい、セミアコギターでの弾き語りで、
ジャジーなフレーズが随所に入りながら、
好きな町「美山」に思いを馳せる曲などを歌っていただきました。
トークの時間では音楽よりも鮎釣りの話で盛り上がってました(笑)。

2組目は、Satoshiさん。
声の音域が広くて、柳ジョージの曲を力強くカバーされたり、
ギターへの思いをこめたオリジナル曲も披露いただきました。
トークの時間にもギターを抱えて離さなかったっけそう言えば(笑)。

3組目は、原ファミリーバンドさん。
元々は本当に子供さんと一緒にされていたそうですが、今はご夫婦での活動。
音やさんにも度々出演されていますが、今回は、3.11を前に
強いメッセージのこもった長野たかしさんの曲を披露いただきました。

最後は、ライブ紹介コーナーも担当してもらった
4人目のMC・AQuA☆MaRineさんに
カーペンターズの「Sing」で締めていただいて、
今回も様々な個性の曲でお送りした回になりました。

前回から始めた”中の人による深夜番組バージョン”SIDE-Bはこちらから!

次回は、中の人の都合(苦笑)で、3月31日(金)の夜8時からになります。

第9回 2017/01/27放送


2016年12月の放送は、過去8回分の総集編に
”中の人”がウラ話を語るという形の”年末特別編”をお送りしたので、
通常通りの生放送は1回空いて、年明けの放送になりました。

009_1_aqUstak
一組目は、以前出演いただいたAQuA☆MaRiNeさんのユニット”aqUstak”。
リズミカルなピアノに乗せてのカバー2曲、
どちらもこのユニットならではの音になっていたと思います。

009_2_KADOYA
二組目は、ギター弾き語りのKADOYAさん。
「生配信されるというだけで、どうしてこんなに緊張するのか」
と仰っていましたが、聞き惚れる低音でのオリジナル曲、
良かったと思います。

009_3_Crescendo
三組目は、男女デュオCrescendoさん。
ピアノにシンセ音源を被せたスケール感のあるアレンジで、
切ないオリジナル曲を2曲聞かせていただきました。

009_4_wanchi
エンディングは、久しぶりにわんちさんに歌っていただきました。
曲は、放送コードに引っかかるかも?と気にされてましたが、
「あれは地上波の自主規制にすぎませんから、
うちは堂々と歌っちゃってください!」と、
そのままお願いしました(笑)。
京都に実在した、あるエリアでの歴史ですから。

今まで「音やステーション」は、映像機材の関係で
SD解像度(480p)での配信をしておりましたが、
今回、同じ機材でもHD解像度へ変換するコンバータを導入して、
720pでの配信を試みました。
ライブ情報以外のテロップも720pで作り直しています。
後から見た感じでは、思ったよりスッキリした画質でHDになっている感じです。
(音の方を合わせるのがちょっと大変でした…これは原因究明中)

もう一つの試みとして、
ウラ話自体も番組にしてしまおうという計画があります。
これは収録・編集しての放送になりますが、2月中にオンエアの予定。
もちろんこのサイトでもお知らせします。

今年は、あらゆるところから、番組のグレードアップを狙っていきます。
次回は2月24日(金)夜8時から。
その次の回は、変則的ですが3月31日(金)の夜8時からの予定です。