第17回 2017/09/22放送

第17回生放送は、2017年9月22日の金曜日夜8時からお送りしました。
FRESH!版:https://freshlive.tv/otoyastation/154050
YouTubeミラー版:https://www.youtube.com/watch?v=Vq9zFcMTBR0

まず、こちらの不手際で、冒頭4分程…ちょうどオープニングから1曲目が始まる辺りまで、音声無しで流れてしまいましたことをお詫びします。
コメントで何人もの方から指摘いただくまで、中の人は音声モニターと現場の音の具合に気付けず、いつもとちょっと雰囲気の違うオープニングが、画だけで流れてしまいました。


まず、レギュラーの宮崎もえさんが、東北復興ボランティアに参加する予定だったのでお休み、その席にはAQuA☆MaRiNeさんに入ってもらいましたが、真ん中には…わんちさんもいない!?
今回は若干変則構成になり、わんちさんに1組目として2曲披露いただくことになったので、2組目にご出演いただく”エリマキドラゴン”の向井さんに、オープニングのMC席に座っていただき、伊藤さんにはitaru君の隣に入っていただきました。
転んでもただでは起きないのが「音やステーション」です(^^;。


1組目は、17回の番組に唯一皆勤のわんちさん。
「カレーライスブルース」には、構成・演出担当ですがパーカッション奏者でもある、橘びゅうさんに、当日のリハでお願いして入ってもらって、明るくスタート。
そして、以前にエンディングで披露いただいた「昭和サイレントナイト(五条楽園)」を、改めて唄っていただきました。近年まで実際に存在した”大人の遊園地”での悲哀を、これも明るく唄っていただきました。


2組目は”エリマキドラゴン”。二人でのユニット活動を始めて間もないそうですが、大人な雰囲気で2曲、「新しい扉」「それぞれの朝」を唄っていただきました。
ギターボーカルの向井さんは、お客様として番組を何度も客席でご覧いただいていますが、音やさんのセッションデー等で、素敵な歌声を披露されていて、今回はユニットでご出演いただきました。

itaruカメラコーナー(もう「ライブ情報コーナー」と誰も呼んでません(苦笑))では…伊藤さんの”どやさ”ポーズにみんな引っ張られてました(笑)。ほぼぶっつけ本番です(苦笑)。


3組目は、松田くばくさん。
短くて歌詞にインパクトのある曲を、2曲目以降はメドレーでお願いしました。途中で、ボーカルの声色を変えるエフェクトや、ギターのフレーズをサンプリングしてループ再生させたりと、一人でアンサンブルに変化をつける仕掛けをいくつも入れたかと思うと、短いながらも強いメッセージを持つ曲もあったりと、盛り沢山なパフォーマンスでした。
盛り沢山過ぎて、インタビューの時間が短くなってしまってすみませんでした。参加されているバンドでのアルバムは出ていますが、ソロアルバムの制作も進めていらっしゃるそうです。


エンディングは、AQuA☆MaRiNeさんとitaru君で「カントリー・ロード」。今回はオケ再生なしで、二人でやるのは初めてという曲でしたが、二人の持ち味が出たパフォーマンスでした。

セッティングや音出しがちょっと時間ギリギリまでかかったり、序盤で技術トラブルはありましたが、たまたま遊びに来られた、松尾雅蕉さんにも助っ人で座っていただいたりと、皆様に盛り上げていただいたおかげで、今回も無事1時間の生放送を送り出せました。
ネット越しにご覧いただいた皆様は、お楽しみいただけましたでしょうか。

次回生放送は、10月27日、第4金曜の夜8時からの予定です。